「診療方針、医療法人概要」在宅診療支援診療所 医療法人あすなろ会「やまとサンクリニック」(神奈川県大和市)

トップページ > 診療方針、医療法人概要

診療方針 医療法人あすなろ会について

医療の歴史や臨床医学の精神といった観点からばかりでなく、未曽有の高齢社会に突入した我が国の社会情勢の変貌という視点からも、この理念は大きな意義と重要性を持とうとしています。

医療法人あすなろ会について

発足の経緯

医療法人「あすなろ会」は、在宅訪問診療・訪問看護・訪問リハビリテーションを通じた高齢者の在宅生活の支援を第一の目標として、平成19年4月に設立されました。

活動拠点

現在、「あすなろ会」の訪問診療は、神奈川県大和市に拠点をおく「やまとサンクリニック」を中心に展開しています。訪問看護ステーション・訪問リハビリテーションの拠点も大和市にあります。

訪問診療と24時間365日支援体制

在宅訪問診療では、担当医師とサポートスタッフが患者さんのお部屋に伺います。施設の看護・介護スタッフや訪問看護ステーションの看護・リハビリスタッフと連携しながら、日常の健康維持のためのさまざまな支援を行っています。
診療の24時間・365日支援体制を実現するため「担当医制」と「グループ診療制」を併用しています。また、患者さんの診療情報の一元管理・グループ内の情報共有を目的に「モバイル型電子カルテシステム」を導入しています。

診療方針

「あすなろ会」のめざすもの

 「医療の原点は在宅医療にこそ」・・・これが「あすなろ会」の基本理念です。

 医療の歴史や臨床医学の精神といった観点からばかりでなく、未曽有の高齢社会に突入した我が国の社会情勢の変貌という視点からも、この言葉は大きな意義と重要性を持とうとしています。

 医療法人「あすなろ会」は、在宅訪問診療・訪問看護・訪問リハビリテーションを通じた高齢者の在宅生活の支援を第一の目標として、平成19年4月に設立されました。

 現在、「あすなろ会」の訪問診療は、神奈川県大和市に拠点をおく「やまとサンクリニック」を中心に展開しています。訪問看護ステーション・訪問リハビリテーションの拠点も大和市にあります。在宅訪問診療では、担当医師とサポートスタッフが患者さんのお部屋に伺います。施設の看護・介護スタッフや訪問看護ステーションの看護・リハビリスタッフと連携しながら、日常の健康維持のためのさまざまな支援を行っています。診療の24時間・365日支援体制を実現するため「担当医制」と「グループ診療制」を併用しています。また、患者さんの診療情報の一元管理・グループ内の情報共有を目的に「モバイル型電子カルテシステム」を導入しています。

 「ピンピンコロリ」・・・元気で長生き、逝くときは寝たきりの長期療養などゴメンという気持ちを表している言葉です。高齢になっても、それまで生活の拠点であった自宅や、自宅に準じた環境である施設での生活を、多くの人が希望されています。在宅医療はそんな要望を支えるシステムだと思います。私たち「あすなろ会」は、地域の医療機関との連携や、さまざまな職種間のネットワークを活用しながら、患者さんやご家族が希望される在宅での生活や療養を最大限に支えるための工夫・努力をしていきたいと考えています。まだまだ経験の浅い若い組織です。クリエイティブな組織として発展していけるよう大勢の仲間と取り組んでいきたいと思っています。

医療法人 「あすなろ会」
       大蔵幹彦

ご相談・お問い合わせについて

24時間受付オンラインフォーム